映像制作のアルバイトで考えておくべきこと - 映像制作のアルバイトをするメリットとデメリット

映像制作のアルバイトで考えておくべきこと

映像制作のアルバイトをする時に考えておくべきことは、自分も将来この方向で進むのかどうかということです。

東京新聞に関する疑問が解決できます。

将来こうした分野に進むのであれば、自分のやりたい方向性と一致しているアルバイトを選ぶのがいいでしょう。

今は一口に映像制作といっても多様化していて、イラストなどの手書きを専門にしているとキロから、最先端の3DやVRというような映像制作をしているところまで多岐にわたっています。どのような仕事をしているのかという雰囲気を味わいたい、お金を稼ぎたいだけというのであれば、時給の高いものを選べばいいのですが、手に職を付けるというようなことを考えるのであれば、自分の目指す仕事が出来るアルバイトを選ぶことも大切です。
特に最先端技術のCGなどはかなりの人手不足となっているので、この技術を習得すれば大きな武器となるといってもいいでしょう。



将来性もかなり良くなるということがいえます。今はネットで最新の映像制作の技術もどんどんと公開されているので、こうした技術を身につけようとすれば、だれでも身につけられるようになってきています。



そうした技術を身につければアルバイトでもかなりの好待遇を期待することも出来ます。

場合によっては正社員以上の待遇となることも珍しいことではないでしょう。
今はそれだけ多くの需要がこの業界にはきています。

毎日のように新しい映像がつくられて世に出されていますから、自分の将来を考えてアルバイトも選ぶ時代です。